ベラルーシ国立舞踊学校は1945年に開校され、70年以上の歴史を
誇るベラルーシ共和国で唯一のバレエダンサー養成専門学校で、その
源流はミンスク音楽専門学校付属のバレエクラスが開かれた1928年に
さかのぼります。

設立当初から、アグリッピナ・ワガノワ教授の優秀な愛弟子たちが
教師として学生たちの指導にあたってきましたので、正統的なワガノワ・
メソッドの伝統を継承する非常にレベルの高いバレエ学校です。
学校では、ペテルブルグ、モスクワ、ベラルーシなどのバレエ学校の
卒業生で、経験豊かで熟練したバレエ教師たちが指導をしています。


 イーゴリ・コルプ(マリインスキー劇場)、イワン・ワシーリエフ
(ミハイロフスキー劇場)など、
ベラルーシ国立舞踊学校の卒業生たちは、
ベラルーシ国立アカデミー・ボリショイ・オペラ・バレエ劇場をはじめ、
ロシアのマリインスキー劇場、ボリショイ劇場、ボリス・エイフマン・
バレエ団などに入団し、ソリストとして世界中の舞台で活躍しています。

 現在、
ベラルーシ国立舞踊学校では、基礎教育課程(5年制)から専門
教育課程(3年制)までの8学年で、約15名の外国人留学生を含めて
約290
名の生徒たちが学んでいます。

 学校の歴史については こちらをご覧ください。